2014年11月04日

内定速報

 来年の9月10〜12日に、TACOの第3回公演をしようということになりました。まだ会場は押さえてありません。目当ての劇場は半年前からしか予約を受け付けていないので。ですから、現次点ではTACO内部で「やる」と決めただけの文字通りの内定状態です。

 会場については、いろいろ候補を挙げてはみたものの、やはり落ち着く所に落ち着いた感じです。まあ、ほかの劇場だと何かしら不都合が出てしまうというか、要するに不都合なく使える所が一つしか思い当たらなかったのです。

 その不都合というのは第一に、過去2回の公演で結構高さのある舞台装置を組んでいるため、次回もそうする可能性が高く、天井の低い劇場はNGということがあります。この条件だけで、お値段のお手頃な所の大半は除外されてしまいます。

 もう一つは、TACO代表・角田にとって公演活動は「研究業績」にカウントされる「公的活動」という位置付けになり、「公的支援」を得て行っているということがあります。「公的支援」を得るためには勤め先宛の書類(納品書・請求書・あるいは領収書)を発行してもらわないといけなくて、そういうことに柔軟に対応してくれる所でないと困るのです。

 この二つの条件を満たす劇場は、名古屋近辺には一つしか思い当たらないのでした。

 一つしか候補がないということは、希望通りの日程が取れなかったら日程をずらすしかない、ということで、それはそれでかなりうれしくない事態なのですが・・・・

 公演予定期間から半年前と言えば、来年の3月。それまでに舞台装置の案が固まって、次回は天井が低くてもいい、となったら再考の余地がありますが・・・・うーん、そんな早くに案を固めるというのは、あんまり現実味がないですね・・・・

 ま、今からああだこうだ考えていても仕方ありません。とりあえず来年の3月に向けて、ぼちぼち考えていくことにします。

 構想はもうだいぶ書き溜めてあって、粗筋は決まっているし、演劇としてどういうことを追求するかという上演目標みたいなものも立っています。その点は今の所順調です。

 当面の課題は出演者とスタッフの確保です。人を集めるというのは、なかなか思い通りに行かないこともあってもどかしかったりもしますが、まあ、これはこれからのことなので、今から気を揉んでも仕方ありません。最終的にいい感じに集まってくれることを期待します。


posted by TACO at 12:43 | 愛知 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 次回公演までの道のり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
予定しときま〜す。
Posted by あしか at 2014年11月15日 19:08
ありがとうございます!
Posted by 角田 at 2014年11月18日 09:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/408303346

この記事へのトラックバック