2017年04月01日

極!

KIMG0234.JPG

琉球王朝珍味、豆腐餻GET!
(近所のアピタで)

KIMG0231.JPG

一ノ蔵生酒GET!
(近所のアピタで)

KIMG0232.JPG

何てったって、生貯蔵酒を生酒と称するようなナンチャッテではない、真の生酒なのだ!

琉球王朝珍味をツマミに真の生酒を頂く。

至福!

posted by TACO at 22:55 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 公演までの道草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

『彼らが本気で編むときは、』

 繊細さと鋭利さが絶妙にミックスされた快作でした。かなり刺激的だったり痛々しかったりする内容を含みつつ、全体としては優美さが漂っていました。

−−−−以下、ネタばれ注意。−−−−

 トランスジェンダーと並んで家族問題も重要なモチーフになっていて、「母性」の担い手を実の母親ではなく、MtFに置き換えて、血のつながりとか、母性の生得性という幻想を相対化している点は重要だと思います。保守的家族観の人にとっては結構挑発的な作品かもしれません。

 ただし、主人公がちょっと完璧過ぎるかなとは思いました。重いハンディキャップを負っている人物が、善良で純粋なキャラクターとして描かれやすいということはかねてから指摘されている通りですが、ご多分に漏れずという感じではあります。

 しかも、「母性=子どもに対する無条件の承認」の完璧な体現者に見える主人公が、恋にかまけて育児放棄してしまう母親と対置されるのは、いささか図式的過ぎる気がします。いわゆる「母性神話」を相対化するようでいて、再構築しかねないというか。人によっては「赤の他人である主人公ですらこのように振る舞えるのだから、まして実の母親なら」というふうなロジックに持ち込みかねないと思うのです。

 主人公がMtFであるという点に目を向ければ「女以上に女らしい」ステレオタイプで、職業生活においては素晴らしい介護者。それと「好ましい母性」がリンクしちゃうのは、ちょっとヤバい感じです。そんな過剰な「好ましさ」を担わされても困る、という批判は当然あり得ますね。

 それと、登場人物の一人が自殺をはかる場面がありますが、見ている時は「この人物にこの方法が可能なのか?」というのが気になったのですが、改めて考えてみて、こういうふうに脈絡が通っているのかな?と推測できました。

 編むというモチーフについては、まず「こう使うのか!」という驚きがありました。そして、編むことを通して主人公を含む三人の一体感が増していく様子は興味深いものでした。男性も含みつつフェミニンな共同体が形成されていく感じで。

 「彼ら」は乳房も男根も編むし男根は燃やしちゃうわけで、それは「母性」「女性性」も「男性性」も人工的構築物であり、だから選択可能だってことです。主人公をMtFに設定している意味もそこにあるわけで、「母性」「女性性」を単純に信奉しているのではないことがわかります。

 あと、これはほとんど余談みたいなものですが、同性に恋する人物が登場するけど、それが同性愛なのか、あるいはその人がトランスジェンダーなのかというのは、作品の中では明示されません。しかし、パンフレットを読むと、その人物を演じた役者さんがトランスジェンダーという理解で役作りしたことが明記されています。私は作品の中で明示されないことに好印象を持ったので、それを読んで残念に思ったのですが、役者の立場からすると、曖昧なままでは役作りしづらいものかのかなとも思います。

 最後に、パンフレットに載っている荻上直子監督の文章の中の、この一言。

kareragahonkide.jpg

NICE!


posted by TACO at 22:05 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 公演までの道草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

永田カビ『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ 』

永田カビ『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ 』.jpg


 作者が自分自身の生きづらさと徹底的に向き合い、赤裸々に暴露するセルフ・ドキュメンタリー。タイトルの「さびしすぎて」の核心は、単に恋人や友人がいないということ以上に、自己肯定感が乏しいことにある。

 「痛面白い」という造語を、このマンガに捧げます。

posted by TACO at 10:15 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 公演までの道草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月26日

夏が近づいた、ような

natsuchika2.jpg

natsuchika1.jpg


posted by TACO at 22:13 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | 公演までの道草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

娘とお絵描き

 最近、娘がパソコンで絵を描くのにハマっています。最初は私がいろいろな機能の使い方を教えてやっていたのですが、今では機能の多くをおぼえてしまって、一人でもいろいろ描いています。

 こちらは、まだパソコンで絵を描き始めた頃、私が機能の実演のために輪郭を描いてやって、娘が色を塗ったもの。

旅行女の子.jpg


 こちらは割と最近の作。娘が自力で本体部分を描き、私が背中のしまと尻尾全体を描きました。

りす.jpg


 同じように、図形を描く機能を使って輪郭を描いているのですが、出来上がりを見比べると、娘と私の個性の差が如実に現れています。

posted by TACO at 00:01 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 公演までの道草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする